転職したその後は?職場が変わって良かったこと、後悔したこと

医師が転職先で力を発揮するために必要なこと

キャリアアップのために転職活動をスタートする医師は全国に多くいますが、失敗なく転職先を選ぶため、これまでに経験したことのある仕事の内容を考慮することが大切です。特に、内科や外科などの求人数が多い診療科目は、幅広い年代の求職者から関心が集まっていますが、各地の病院やクリニックの賃金の相場だけでなく、転職後の研修の有無や期待される役割などを把握することが大切です。
また、責任のあるポジションで働く場合には、後輩の医師への適切なサポートを行う必要があるため、管理職として必要な知識や技術を転職前から身につけておきましょう。その他、オーバーワークのリスクを避けるため、興味のある医療現場のスタッフの数に着目して人員配置が適切な職場で働くことがおすすめです。

医師の転職後によくある悩みを解消しよう

医師が転職後の悩みとして、前職の仕事との内容にギャップを感じることや、他の職種の医療従事者とのコミュニケーションが取りにくいといったことがあります。そこで、中途採用の医師を対する研修の機会が設けられているところや、チーム医療の体制が整っているところを転職先として選ぶことで、スキルをうまく活かすことが可能です。また、賃金や休日などの労働条件に関するトラブルを避けるため、面接の機会を使って担当者とひと月あたりの勤務日数や勤務時間などをよく確認することが大事です。その他、実際に転職を成功した医師の口コミに目を通すことで、各自の年齢やキャリア、スキルなどに適した職場をスムーズに探すうえで大いに役立ちます。